Zacuto Z-Finder EVF pro 買っちゃったよ


一眼レフで撮影をしておりますと、やはり液晶画面がどうしても見づらくって、特に屋外の明るい場所だとかなり見づらいのですが、暗い場所でもピントが合ってるのか合ってないのか分かりづらいことがあり、ちょっと前から気になっていたこの商品をついに購入してしまいました。

事の発端はプロ機材.comさんの新宿ショールームで初めてルーペのようなこの物体を触ったことに始まります。

いろんなところで見かけていたこの商品、僕は勝手に「いかがわしい安っぽい製品だな〜」と思ってまして、「何それ?理科の実験で使うルーペなの?葉脈でも見るの?」と思っていたのですが、実際に初めて覗いてみましたら、感動するほど画面がよく見えるんですよ!もう細かいピントもバッチシ見えちゃって、外見のしょぼさと相反してデキルヤツだということが分かりました。

というわけで、いろいろ製品がある中で、雑誌やいろんなブログの出現率を主な判断材料にしましてZacutoのこちらの製品を購入しました。あ、最初に言っておきますと、めっちゃ高いです。96,600円です。

結構いろいろと付属品が入ってます。

本体。第一印象はゴツイ!かなりゴツイ!でかい!でも逆に言うと、とてもしっかりした作り!さすが高級品だぜ。しょぼくないぜ。そしてゴツさの割に軽いから嬉しい。

本体側面。HDMI端子のINとOUT。こちらで確認した映像をそのままHDMIで出せるので、別のモニターだったり、レコーダーに繋ぐことも可能。

本体底面にUSB端子。ファームウェアのアップデートなどはUSBメモリにファイルを入れてここにぶっさすみたい。早速EOS5D Mark3用のファームウェアが出ているので入れる。

本体側面のボタン。かなり色々と液晶画面の設定をすることができます。画面のコントラストや輝度設定、モノクロなどはもちろん、露出アシスト機能で好きな数値をゼブラで教えてくれるのも嬉しい。

パカっ!これよ、これ!これがしたかったんだぜ。ファインダーじゃなくて液晶画面を直接見ることもできる。

ファインダー部分と、液晶画面はこういう感じでカポッとハマる。もちろんファインダーだけでも液晶画面だけでも使えるよ。

ちなみにこのファインダー部分だけをカメラの液晶にこうやって取り付けても使える(別途取り付けるための何か買わないとダメ)。僕が買ったのはこのファインダーに、液晶が付いていて、しかもこうやってフリップアップできるものなのだ。

はいここから付属品。なんかいろんな形のコンセント。グローバル商品って感じ。

こういうのなんて言うんだっけ?シュー?これ付いてた。嬉しい。

こんな感じ(今5DMark3が不在なのでカメラはX4です)

パカっ!

電池はキャノンLP-E6か同等品。ちなみに付属品は、充電器まで付いてるけど純正じゃない。また純正をこの充電器で充電することもできないみたい。

液晶画面の保護カバー。Zacutoのロゴってかっこいいね。

HDMIケーブルもついてた!嬉しい!しかも端子を90度にするアタッチメントも1個付いてた!

ちなみにケーブルの方の口も90度になってる。

ケーブルのもう一方の口は角度が自由に選べる。

液晶画面拭くやつ。

???

ここにこうやってハマるっぽいけど、何のために使うのか分からん。

目に押し当てるところをふわっとさせるヤツ。

一番嬉しかったかも?Zacutoのロゴ入りの何かカバン。保護カバーとか入れる用だけど、いろいろと使えそう。かっこいいし。

ロゴかっこいいよね。

というわけで、使用感は現在Mark3が無いのでできませんが、取り急ぎ開封の儀まで。僕はね、この覗き込むタイプのファインダーを取り付けて、一眼レフをショルダーで撮影したいんだよね。

ちなみにこういうファインダーで他のも見たいって人はこのあたりが参考になったよ。
> Red Rock Micro と Zacuto から相次いで電子ビューファーが登場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です