YouTubeがカンヌに連れていってくれるWaterAidへ応募


YouTubeがカンヌに行かせてくれる企画をしていました。

企画の発表から48時間以内に撮影、編集をしてCMを作り
カンヌのヤングライオン(?)という
多分若いディレクターのための賞?に応募できると言うもの。

土曜日の9時に発表され、月曜日の9時までの48時間以内に映像を作る。

ということで土曜日にメンバーの青鬼の家に集まり
こんな会議ともつかぬ会議をして
日曜日に編集を行い、とりあえず出してみました。

発表されたお題は「世界の水と公衆衛生」について。
現在、全世界で1日に4000人もの子どもが汚い水が原因で亡くなっているそうです。
10年前に各国首脳は、世界の公衆衛生の改善にある採択をしたそうなのですが
まるでそれは進んでいる気配はないそうです。

今回の企画は、今年の9月にまた各国の代表が揃う際に
再度、世界の現状を認識してもらい、
必ず「正しいことをする」よう我々の動画でプレッシャーをかけていくのが目的。
全世界で「水と公衆衛生」に対しての機運を高めようということだと思います。

なんか投票数が評価の対象っぽいので
もし良かったら評価ボタンを押してやってください。

1 minute

皆さんもお時間に余裕がありましたらこちらもどうぞ。
http://www.wateraid.org/drop/

ちなみに関連する動画で、こんな印象的なものもありました。
汚い水を飲んで毎年800万人死んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です