50GBのファイルコピーが2分で終わる、最強の外付けはThunderbolt×SSDで良いでしょうか?


ブログではご報告しておりませんでしたが、この度、MacBookPro Retinaの最強カスタムのオーナーとなりまして、ありがとうございます、ありがとうございます。既にその最強のパワフルさと最強の携帯性に、本当に買ってよかったなと実感しておるわけですが、内蔵のフラッシュストレージは512GBですから、映像を扱うとしては心もとないわけで、ここのところ最強の外付けをいろいろと試してみましたところ、そのレポートをしたいと思っております。

とは言え、外付け記録媒体の選択に関しては、既に各所で偉人の方々が詳細なレポートをしておりまして、私はただのアップル信者として、自分の使用感を生ぬるくご報告するだけですので、お気づきの点などはご指摘いただければ幸いでございます。

基本的に今までは外付けのUSB2.0のHDDをしておりまして、やっぱり40GBとか50GBのコピーとなると、30分弱ほどかかってしまうので、この辺りを改善して作業効率を上げたいというのがスタートであった訳です。

後ほどコピーに使う47GBのフォルダを、今手持ちのUSB2.0の外付けHDDにコピーしますと…22分かかっています。

そいで、まずはUSB3.0の外付けHDDを探してヨドバシに繰り出したのですが、「MacBookPro Retinaを正式にサポートしているUSB3.0の外付けは(店頭には)無い」的なことを店員に言われまして、「え?そうなの?」みたいな感じで、じゃあThunderbolt接続のHDDを、ということになったのですが、私、恥ずかしながらThunderboltってあんましメジャーじゃないイメージがあったんですが、USB3.0よりも理論値は速いんですね。

という訳で、USB3.0とThunderboltの両ポートを持っているポータブルHDDのこちらを購入しましたら、これが大当たりでございまして。


BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 1TB HD-PA1.0TU3
> メーカーページはこちら

もうとにかく速い!普通だったらベンチマーク画面とか付けるんだろうけど、僕はそういうのがよく分からないので、まさかの「実際にコピーにかかる時間のキャプチャー画面」を貼っておきますけれども。47GBのフォルダをコピーするのにたったの8分!

そんで次は正式にはサポートされてない(と店員が言っていた)USB3.0でつなげてみたんです。そしたらやっぱり47GBのフォルダが8分!ちゃんとUSB3.0で接続されとる!

USB3.0とThunderboltって、HDDでは速度の違いはほとんどないかもね。ここにもそんな感じのことが書いてありますね

Windowsとのファイルコピーの局面もあるから、ThunderboltとUSB3.0の両方があるのは超いいね!ていうか、電源もいらないし、携帯性もあるし、この外付けで決まりでいいじゃん、と個人的には思いましたよ。

でももっといろんなのが気になるって人は、その他のThunderbolt接続HDDについての記事をどうぞ。
> Thunderbolt HDD ベンチマーク比較: mono-logue

ただ、使用中にこんな気になることがありましたのでメモ。

・突然ハードディスクが取り外しされたアラートが出た。
・再度接続しても反応なし。
・USB3.0だと接続される
・ほかのThunderboltケーブルに変えたらつながった
・どうやら付属のThunderboltケーブルがいかれたらしい?
・なんかThunderboltってめちゃくちゃ熱くなる??

※すべて私の環境下で起きた問題なので、特定の現象の可能性がありますのであしからず。

で、結局この外付けに映像素材を全部入れて、何不自由なくFinalCutでの編集もできているので、これでいいのですが、よくよく考えたら、Thunderboltで繋ごうが、USB3.0で繋ごうが、結局HDDの転送速度がボルトネックじゃん、みたいな話になるわけで、SSDでThunderboltって無いのかなって調べてみたら、ありましたよ。

> 稲妻の優越[Thunderbolt Portable HDD/SSD] | TKYSSTD

この記事見て、おい最強じゃねえか!ってことで、速攻購入しました。

これでさっきと同じ47GBのフォルダをコピーしましたら…

2分!!!
これは驚異的!!!!

2分やぞ!!47GBが2分でコピー完了やぞ!!!

ということで、RAIDとか分からない僕にとっては、ほかを試すことも無く、この時点でSSD×Thunderbolt最強信者になってしまったわけで、あまりの快感に、意味もなく大容量ファイルのコピペをして1日が終わるような不毛な時間を使っている訳であります。

SSDは高価だというデメリットも指摘されますが、最近はだいぶ安価になっておりまして。また僕の場合ですと、30分のドキュメンタリーを作る為の映像素材が、毎回大体80GBくらいなんですね。だから作業用スペースとしては128GBで十分だし、それだったらSSDも1万円くらいで買えちゃうからいいんじゃないかなと。

ただ…

その後、いろいろと作業をしていて気づいたのですが、

・よくあるファイルコピーの局面はポータブルからポータブルだったりする
・そうするとコピー先やコピー元のポータブルがボトルネックになる
・結局最強最速を味わえない場合が多い
・作業用にと思ったけど、冒頭のUSB3.0の外付けで十分作業できる
・USB3.0HDDは1TBだから、ほとんどのファイルをぶち込んでおける
・あれ… Thunderbolt×SSDいらなくね?

・あと、やっぱりThunderbolt熱すぎない??

みたいな状況ではあります。

それとこれはSSDでのことなんですが、

という訳で、SSDを外付けでメインで使う場合には、バックアップ体制にも気を使った方が良さそうな雰囲気です。

というわけで、素人臭さぷんぷんのレポートでした。何か良い情報持ってたりご指摘ある方はいただけますと幸いです。因みにカメラは5Dmark3を使っているので、ファイルのコピーの最大のボトルネックはカードリーダーだったりするので、目下の興味はUSB3.0のカードリーダーでございまして、こちらも買ったらご報告したいと思います。いろいろ調べたんですけど、Thunderboltのカードリーダーって無いんですね。

最後に素人臭さ満点で恐縮ですが、先ほどのSSDを取り付けたeSATAからThunderboltへのアダプターですが、この空間は何なんですか?何買えばいいんですか?すごく、、不安定、、で、、す。。

※追記:ヨドバシで上記の件を聞いてきましたら、どうやらSSDには7mmと9.5mmの厚さのものがあるらしく、SAMUSUNGのものは7mmで、どちらかというとマイナーな部類だそうです。9.5mmのものですと、対応したケースと言うかUSB3.0などのアダプターがあるそうで、結局この空間を埋めるものがなんなのかは謎のままでした。

※隙間を埋めるケースの記事がありました!インターネットって素敵!!即買いでした。
> yamaq blog » SSDのカバーを購入してみた

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です