親心


小さい頃から、勉強にはちょっとうるさい母親だった。

良い大学に入るために高校受験もしたし、大学受験もした。

晩飯を食わない時に連絡をしないと、めちゃくちゃ怒られた。

口うるさかった。

 

当たり前のことで、どこの家庭もそうだろうけど、ある年齢を超えてからはピタリと何も言われなくなった。

とてもやりやすい親になったなあなんて思ったりもした。

 

会社をやめてフリーランスで独立する時、親は海外にいたので、悩んでメールで報告した。

元々、教育にうるさかった人だから、会社を辞めることには、何かしら言われると思った。

そうしたら「好きなことをやるのは良いことだ」といった内容の返信が来て、すごく驚いた。どう見ても応援のメールに見えた。ちょっとした感動すら覚えた。

 

だから38歳で結婚していなくても、今まで何か言われることもなかった。まあ僕が男というのもあるかもしれないけど、とにかくうるさく言われないのは楽ちんだった。

 

ある日、高校時代の友だちが久しぶりに僕の実家に遊びに来た。

学生時代ぶりだったかもしれない。

昔から家族を紹介しあっていたから母親のことも知っていたし、普通に喋る仲だった。

 

そうしたら、母親が堰を切ったように

「全然結婚しないのよ。

○○君からも言ってやってよ

本当に結婚する気配もないのよ。

もう全然、なにもないのよ、どうなってんのかしら」

喋る喋る、俺の結婚について喋る喋る。

 

僕は、その時、ああ心配をかけていたんだなと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です