制限速度違反しているYouTube動画に、怒りのコメントを寄せるたかすけへ


たかすけへ

ここでこうしてコメントを交わしたのも何かの縁だろう。お前が10代か20代と見込んで本気の説教をする。30代以上ならマジでやばいから自分自身で考え直せ。

まずお前が道路交通法違反者を本当に許せないと、そういう気持ちでここに書き込んだのなら、その気持ちは大事にしろ。お前のその正義感が必ず役に立つ時が来る。ただその道は険しい。なぜなら世間は、正義漢を必ずしも好きではないからだ。お前は酔っ払いが人の家の前でしょんべんをしていたら説教するか?それはその家の人が考えればいいことだとは思わないか? そんな小さな説教に耳を傾ける人などいないし、逆にお前はただの口うるさい迷惑な存在になる。世の中には、しょんべんのことより他に、いっぱいいっぱい考えなくてはいけないことがあるんだ。環境問題、福島原発の問題、政治家による文書改ざんの問題、とにかくアホみたいに問題がある。ありすぎるからそれぞれの人間がそれぞれ気になった問題に取り組むしかない。お前がもし、道路交通法に一番問題意識があるなら徹底的にやったらいい。年間で3500人以上が死んでるんだ。大問題だ。取り組む価値はあるだろう。大きな幹線道路へ出てみろ。制限速度を越した危険車は、それこそ生命の危機に直結する運転をしている。それこそお前の注意力を傾ける相手ではないのか。お前は本当に、その正義感を持ちながら、この山道を遠足気分で運転している連中が速度オーバーをしていることに、心底腹を立てて書いているのか。お前の正義感はそれでいいのか。さっきも言った通り、世の中には死ぬほど解決しなきゃいけない問題があるんだ。そして人にはそれぞれ、それを解決できる能力がある。お前がコメントを書き込もうと思った行動力、道路交通法の知識、小生意気なその威勢、そういうお前の能力を向ける先はこの場所なんかじゃないんだ。今すぐ変えろ。

もしお前が、何も考えずに、ただ単純に「道路交通法違反者」は、「悪」だから「叩くべき」といった安直な考えでコメントを書き込んだなら、この後も好きにしろ。お前の人生は、一生インターネット上の制限速度違反者をパトロールしたまま人生を終えることになる。お前のその能力は何も生かされることなく人生を終わる。それが嫌なら自分の能力を生かす道を探せ。お前は制限速度者をパトロールして終わる人生ではないはずだ。20代までならまだやり直せる。30代なら知らん。死ぬ気で変えろ。

最後にもう一つ。もし何かの間違いがあってリアルで会うことがあっても、俺のこと刺すなよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です